私の勤めている会社の平社員が使用できるパソコンがようやく新しい新型マシンになります。 5年間も待ち望んでいた願いがようやく叶うので嬉しいです。 全国に事業所がある会社なので一つの事業所でも人数は多いので全体的なパソコンの台数はかなりあり本社の方で一括管理しているのでノートとデスクトップと2種類ありますが、それぞれ同じメーカーの機種で統一されています。 時期的にデスクトップやノートの違いやメーカーの違いであってもスペックはメモリが1GBでCPUがPentiumMを搭載したOSWindowsXPのパソコンなのでOSが今の世代ではなくても企業用なのでセキュリティー対策が施されており、逆にそれが重たい現象になっていました。 起動時間が遅いのは勿論ですがパワーポイントで資料を作成するのにも文字を入力するスピードよりも画面に表示される方が遅くなる場合があります。 作業一つ一つがとてもストレスのたまる状態で平社員のパソコン共有の為に待ち時間によるロスがよく発生していました。 それはようやく今月からWindows7を搭載した新型モデルにすべてのパソコンが置き換わることになりました。 スペックもメモリが4GBになりCPUもCore i5になるのでOSはXPより重くはなってもスペックが上がるのでとても快適になる期待しています。 社員みんなが1日でも早く快適な作業をしたいと新しいパソコンの導入を心待ちにしています。