私の家は一戸建てなのですが、二世帯住宅で祖母がネコ嫌いということもありネコを飼うことができなかった私は、幼い頃、近所の公園で出会ったノラ猫なのにとても毛並みの良い一匹のネコと公園でよく遊んでいました。 ネコの飼い方や接し方も一切知らない私は、家にあるニボシをいくつか持ち込んでみたり、親の目を盗んでこっそりとおもちゃのお皿に注いだ牛乳を持ち込んでいました。 最初はネコと接することに対してとても幸せだなぁと思っていたのですが、それも長くは続かず、途中で祖母に見つかってしまい公園に立ち寄ることを禁じられてしまいました。 悲しいけれど仕方のないことだと諦め、それから数年が経ちました。 中学生になり、いつものように通学路を歩いていると聞き覚えのあるネコの鳴き声がし、声のする方を見るとそれはあのとき出会った一匹のネコでした。 ネコは私のもとに歩み寄ると足元に擦り寄り、尻尾をぐるぐると巻きつけて鳴いてくれました。 そのくすぐったさと温かさに、今も元気でやっているのだな、と嬉しくなりました。